寬仁親王牌
第32回童謡こどもの歌コンクール
大会組織図

大会組織図

早川 史郎 佐藤 雅子 伊藤 幹翁 上 明子 織江 りょう 甲賀 一宏 茂森 あゆみ 橋本 慎 新沢 としひこ 多田 慎也 ケロポンズ 大和田 りつこ 大石 泰 津金澤 好 湯山 昭

大会組織委員長
湯山 昭(日本童謡協会会長)

湯山 昭
  • ・1932年9月9日、神奈川県平塚市に生まれる。
  • ・県立湘南高校を経て1951年、東京藝術大学音楽学部作曲科に入学、池内友次郎に師事し作曲法の研鑽に励む。1955年、藝大を卒業後、本格的な作曲活動に入る。
  • ・主な作品に芸術祭大賞を受賞した合唱組曲「コタンの歌」があるほか、「あめふりくまのこ」に代表される多数の子どもの歌があり、広く愛唱されている。
  • ・2001年1月、社団法人日本童謡協会会長に就任。
  • ・2003年11月3日に行われた秋の叙勲で、これまでの功績に対する旭日小綬章が授与された。
  • ・2010年7月1日、第9回童謡文化賞を受賞。日本童謡の歴史に新しい足跡を残す。
主な童謡作品:

あめふりくまのこ
おはなしゆびさん
やまのワルツ
おはながわらった
コンコンクシャンのうた

審査委員長
早川 史郎(日本童謡協会常任理事・作曲家)

早川 史郎
  • ・東洋英和女子学院大学名誉教授
  • ・(一社)日本童謡協会 常任理事
  • ・(公財)幼少年教育研究所 客員
  • ・(一社)日本音楽著作権協会 正会員
  •      全国大学音楽教育学会 会員
  • ・武蔵野音楽大学・同大学院音楽研究科修了
  • ・作曲・指揮をパウル・カドウ、ドイツ歌曲をカール・ヴォルフラムに師事。
  • ・日本の現代子どもの歌・保育の歌の研究と作曲に力を注ぎ、1951年6月「現代こどもの歌1000曲シリーズ全10巻」の編曲・編簒で、第7回日本童謡賞を受賞。
  • ・1992年4月からNHK教育TV[ワンツーどん」の音楽慣習をつとめながら「しろうおじさん」として出演し、全国の子どもたちに親しまれた。
主な著書:

「現代こどもの歌1000曲シリーズ」 (エー・ティー・エス)
「あそびうた100」 (チャイルド本社)
「そらでえんそくしてみたい」 (エー・ティー・エス)

主なCD:

「ワンツーどん」 (東芝EMI)
「いのち・やさしく」 (キングレコード)
「みんなでうたおう」 (ビクター・テク二クス)
「わらべうたであそぼう」 (ビクター・テク二クス)

佐藤 雅子(日本童謡協会常任理事・詩人)

佐藤 雅子 茨城県生まれ。日本画家 佐藤太清の長女として生まれる。
 1961年より創作活動をはじめ坂口淳主宰同人誌「熊ん蜂」に所属。1976年ろばの会創立20周年記念童謡詩公募に応募した「びっくりしちゃったの」が中田喜直に作曲されるを機に作詞の道を歩む。
 1989年童謡曲集「ぼくの団地はクリスマスツリー」音楽之友社が第19回日本童謡賞及び天神童賞受賞。2011年「こもりうたのように」詩画集~美しい日本の12ヶ月~(銀の鈴社刊)が第41回日本童謡賞を受賞。
 NHK「おかあさんといっしょ」、「母と子のテレビ絵本」、「ひとりでできるもん!」等のテーマ曲や挿入歌の作詞を担当。(一社)日本童謡協会常任理事、(一社)日本児童文芸家協会評議員、(一社)日本ペンクラブ会員、(公財)板橋区文化・国際交流財団理事、JASRAC正会員、日本音楽作家団体協議会監事。

伊藤 幹翁(日本童謡協会常任理事・作曲家)

伊藤 幹翁 1942年東京都生まれ。作曲家の伊藤翁介の次男として生まれる。
 成城大学文芸学部芸術学科卒業後、作曲家の池内友次郎に師事。読売日本交響楽団に12年間勤務した後、作曲家として童謡・合唱曲・現代歌曲・放送音楽・レコーディング等の作曲・編曲・指揮など、各分野で幅広く活躍。特に全国の小・中学生、お母さんコーラス等、ボランティア活動として精力的に指導している。
 主な受賞歴として、第18回日本童謡賞や第15回神奈川県合唱曲コンクール第2位(1位無)などを受賞している。また、エルフェ女声合唱団・女声合唱団ラ・メール指揮者、(一社)日本童謡協会常任理事・(一社)日本作曲家協議会理事として活躍中。

上 明子

上 明子 「詩音(しおん)話音(わおん)音音(ねおん)」と名付けて、歌曲、朗読とピアノのための作品、ピアノ連弾曲、ハーモニカ曲作曲をライフワークとして、活動展開中。

出版:歌曲「愛 一輪」全音、
「音のさんぽ」「いちねんのうた」「サンタさんは五線譜に乗って」 音楽之友社、
「ピアノ連弾アンサンブルみんなの発表会シリーズ」
「バイエルで弾けるピアノ連弾シリーズ」   ヤマハミュージックメディア、
合唱曲「お菓子の城」「あしたになっても」 カワイ出版。


一般社団法人日本童謡協会理事
楽譜コピー問題協議会(CARS)幹事
2004年第34回日本童謡賞受賞

織江 りょう

織江 りょう 1951年9月27日生。早稲田大学第一文学部心理学科卒業。東京出身。童謡詩人。矢崎節夫氏に師事。童謡集に『みんなの地球』、『ひだまりの道』、『こころのポケット』(てらいんく出版)。『ひだまりの道』で第40回日本童謡賞・新人賞受賞。絵本『てをつなごう』(鈴木出版)、評論には新美南吉の童謡(日本児童文芸家協会編「児童文芸」誌)、武鹿悦子の童謡(児童文学雑誌「ざわざわ」四季の森社)等がある。(一社)日本童謡協会常任理事、日本児童文芸家協会前理事。児童文学総合誌「草創の会」同人、童謡誌「星の会」同人。

甲賀 一宏

甲賀 一宏 横浜国立大学卒業。作曲および指揮を小船幸次郎氏に、作曲を大築邦雄、矢内和三両氏に師事。
昭和50年度 全日本合唱連盟朝日新聞社共催「創作合唱曲公募」に女声合唱曲「少年二題」1位入選。
昭和51年および52年度 全日本合唱指揮者協会主催「創作合唱曲公募」に女声合唱曲入選。
昭和61年および平成6年度 三木露風賞童謡コンクール入選。
平成元年度 第19回日本童謡賞受賞。

主な作品:新しいこどものうた曲集「ぼくの団地はクリスマスツリー」(音楽之友社)
たのしいこどものうた曲集「ふしぎなめがね」(音楽之友社)
こどものうた曲集「ねむりのけんきゅう」(音楽之友社)
その他 歌曲、合唱曲 等


横浜交響楽団 音楽監督、(一社)日本童謡協会 事務局長、(一社)日本音楽作家団体協議会(FCA)常任理事、(一社)日本作曲家協議会、横浜音楽文化協会 各会員。日本ハーモニカ芸術協会 会長。

茂森あゆみ (歌手)

茂森あゆみ (歌手) 生年月日 昭和46(1971)年12月15日
出身地 熊本県熊本市
血液型 AB型
趣味 スキューバダイビング・ピアノ・クラシックバレエ鑑賞
好きなアーティスト レナータ スコット マリア グレギーナ

【経歴】
小学5年生の時に観た、ソプラノ歌手〝レナータ スコット〟に憧れ、オペラ歌手を志す。武蔵野音楽大学声楽科卒業。菊池初美・菊池英美・三縄みどりに師事。読売新人演奏会出演。3年在学中から卒業後もNHK「おかあさんといっしょ」17代目うたのおねえさんとして、6年間務める。
1999年「おかあさんといっしょ」の1月の歌『だんご3兄弟』が空前の大ヒット。

【主な出演番組】
平成11年 7月 プロ野球オールスター&キリンチャレンジカップ「君が代」斉唱
平成11年10月 第54回熊本みらい国体開会式 アトラクション司会
平成11年12月 NHK「第50 回紅白歌合戦」
平成12年 4月 ABC「ガラスの地球を救え」 アテンダント役
平成13年 4月 BSi「iスポーツ伝説への誘い」ナレーター
平成18年 4月 MX-TV「どうする?東京」:司会(2006.4~2007.3)
平成16年 4月 NHK-ETV「クインテット」(2003.4.7~2010.03.31)

【作品】
平成11年 6月 CDアルバム 「Music Box~Ayumi Sings Disney」(エイベックス)
平成12年 1月 VTR 「voyage」「NATURAL」(ポニーキャニオン)
写真集 「Naturally」 (扶桑社)
平成13年11月21日 CD 「Gioruno Nuovo~新しい日~」 (ポニーキャニオン)

【コンサート】
平成13年4月20-21日 福岡トリアス久山「トリアスドーム」こけらおとし
平成13年10月 6日 Bunkamuraオーチャドホール
平成13年12月 5日 東京ディズニーランド「W.ディズニー生誕100周年記念コンサート」
平成13年 4月 5日 仙台フィルハーモニー管弦楽団コンサート
平成14年 8月25日 「宮川彬良指揮九州交響楽団コンサート」:アクロス福岡
11月 8日 熊本日日新聞60周年記念コンサート
11月21日 ベビザラス(トイザラス)1号店開設記念コンサート
12月30日 STV-R2002Finalコンサート(札幌パークホテル)
平成15年 2月23日 さいたま市民会館大ホール
2月27日 実践女子学園高校
6月 4日 東京体育館
10月26日 トヨタ刈谷工場野外コンサート
11月 7日 門司港ホテル(北九州国際音楽祭)
平成21年10月31日 おかあさんといっしょファミリーコンサート2009(50 周年記念~11 月3 日まで)
12月12日 Kids meet Jazz for X'mas(TokyoFMホール)
平成26年11月18日 仙川教会音楽会

【受賞歴】
平成11年 3月 NHK会長賞 スマイル・オブ・ザ・イヤー賞
平成11年12月 TBS「第41回輝く!日本レコード大賞」『だんご3兄弟』特別賞・優秀作品賞
平成12年 3月 第37回ゴールデン・アロー賞 話題賞
第14回日本ゴールドディスク大賞 ソング・オブ・ザ・イヤー賞

【舞台】
平成12年 7月 ディズニー・オン・アイス〝リトル・マーメイド〟
プロモーションサポート役として、スポットCM出演
平成12年7月26日~8月30日
トリビュート音楽座ミュージカル「星の王子さま`95」主演 王子役
平成13年 7月 音楽劇「三文オペラ」Bunkamuraシアターコクーンほか
平成13年11月 「ジキル&ハイド」日生劇場ほか

橋本 慎(アップフロントグループ・音楽ディレクター)

株式会社アップフロントグループ チーフディレクター。
レコード会社勤務を経て、アップフロントに入社。モーニング娘。の立ち上げ時からディレクターを務める。
 現在はハロー!プロジェクトのアイドルグループ
「℃-ute」
「モーニング娘。’17」
「アンジュルム」
「Juice=Juice」
「カントリー・ガールズ」
「こぶしファクトリー」
「つばきファクトリー」
 等のチーフディレクター。

新沢としひこ

茂森あゆみ (歌手) シンガーソングライター・作詞家・作曲家・保育講習会講師。
神戸親和女子大学・中部学院大学客員教授。
1963年、東京生まれ。
学生時代よりライブハウスで音楽活動を始める。
保育園、幼児教室などで保育者として勤務後、あそびうた、体操、手話ソング、卒園ソング、食育ソング、など保育関連のCDや書籍を多数発表。
中でも作曲家中川ひろたかと組んだ作品は300曲以上あり、「にじ」「世界中のこどもたちが」など代表的なものは保育現場で広く歌われている。
歌やあそびを中心にした保育講習会の講師として活動している。
コンサート活動も多く、大人向けのソロコンサート、山野さと子とのファミリーコンサート、デュオグループMr.ユニットのライブ、などいろいろ展開中。
他に、工藤直子、ケロポンズ、中川ひろたか、長谷川義史などとのジョイントコンサートもおこなっている。
音楽活動の他、絵本や紙芝居の文章や、児童文学、エッセイの執筆など、作家としての活動も多い。
「世界中のこどもたちが」(中川ひろたか作曲)は小学校の音楽の教科書に採用されている。
「さよならぼくたちのようちえん」(島筒英夫作曲)は2011年芦田愛菜主演のテレビドラマのモチーフとして使われ、ドラマのタイトルにもなっている。
「にじ」「ともだちになるために」(中川ひろたか作曲)は、つるの剛士がカバーしている他、さまざまな歌が童謡のオムニバスCDなどでも使用されている。
2016年、山野さと子やあそびクリエイターズとのコラボ作品「あそびうたぎゅぎゅっ!」を発表。新しい試みに挑戦している。

多田 慎也 (音楽プロデューサー)

多田 慎也 (音楽プロデューサー) 幼少よりピアノをはじめ、高校時代に作詞、作曲を始める。ボーカリスト、コンポーザーとしての地道なライブ活動を経て、2007年「嵐」のシングルのカップリング曲「いつまでも」で作曲家デビュー。
以来、作詞・作曲家としてのキャリアを重ねる一方で、2009年には「タダシンヤ」としてシンガーソングライ ターとしても活動を開始する。
2011年自身の歌う「優しいヒーロー」がNHKみんなのうたでO.A、2012年には作曲を担当したAKB48の「ポニーテールとシュシュ」でJASRAC賞銀賞を受賞するなど、多方面にわたって活躍する今後も期 待のマルチクリエーター。

ケロポンズ

ケロポンズ

1999年結成、増田裕子と平田明子からなるミュージック・ユニット。あそびうたや体操の作詞、作曲、振付を手掛ける。
あそびうた、体操、歌とストーリーが一体となったミュージックパネル等で構成される親子コンサートや、保育士・幼稚園の先生を対象とした保育セミナーを全国で行う。
育児雑誌や保育雑誌にこどもとのふれあい遊びや体操の紹介記事を執筆、楽曲・振付の提供、絵本の創作等も行う。CD・DVD・書籍・雑誌等に収録される、作詞・作曲を手掛けた歌やあそびうた・考案したあそびは1000作品を超える。代表作「エビカニクス」のYouTube動画再生回数は2,000万回を突破。
2008年よりNHK「おかあさんといっしょ」に楽曲提供、2009年よりBS日テレ「それいけ!アンパンマンくらぶ」に出演、2013-14年くまモンに楽曲・振付提供、2013年より4年連続のフジロックフェスティバルに出演。2009年よりオリジナルあそびうたの日本一を決定するA1あそびうたグランプリの審査員を務める。

代表作品
  • ・DVD「ケロポンズとあそぼう!」(2011)
  • ・CDつき本「ケロポンズのおやこであそぼ」(2008)
  • ・書籍「ケロポンズのあそびねた」(2002)
  • ・CD「エビカニクス」(2002)
増田裕子(ケロ)

東京都出身。国立音楽大学教育科 幼児教育専攻卒。大学の卒論でミュージックパネル「すてきな帽子屋さん」を創作、首席の学生に与えられる岡本賞を受賞。4年間の幼稚園勤務の後、中川ひろたか、福尾野歩と共に「トラや帽子店」を結成、11年間キャプテンを務める。1999年より平田明子とケロポンズを結成。ソロアルバムとして「らりるれろんちゃん」、「チャームポイント」をリリース。主な著書に「増田裕子のミュージックパネル1、2」(クレヨンハウス)、歌つき絵本「ケロちゃんえほんシリーズ」(そうえん社・「えらいえらい!」、「ねこのおいしゃさん」、「のってるのってる」など11冊既刊)などがある。

平田明子(ポン)

広島県出身。安田女子大学文学部児童教育学科卒。学生時代「トラや帽子店」と出会っておもしろさに虜になり、広島で「トラや」のコンサートを主催、800人集客。増田裕子のパネルセミナーの伴奏をしながら横浜の幼稚園「りんごの木こどもクラブ」で5年間保育。1999年「トラや」を休業した増田裕子とケロポンズを結成。ウクレレ、リコーダーなど様々な楽器を楽しく演奏。動物の鳴き真似は絶品。主な著書にエッセイ集「保育でポン!」、「ポンちゃんの0,1,2歳児とふれあってあそぼう」、絵本「モジャキのくすり」などがある。

大和田 りつこ

大和田 りつこ

武蔵野音楽大学声楽科卒業
NHK「たのしいきょうしつ」「ワンツー・どん」TBS「ワンツー・ジャンプ!」
などの幼児番組に「歌のおねえさん」として長年出演
童謡を中心に、日本国内だけでなく海外でのコンサートも精力的にこなす
NHK「みんなのうた」「みんなの童謡」テレビ朝日「題名のない音楽会」などに出演
テレビ朝日「全国童謡歌唱コンクール」では10数年、司会も務める
アニメーション「赤毛のアン」の主題歌・挿入歌を歌っていることでも知られる
「一樹和美」のペンネームで「青い空にえをかこう」「だれにだってお誕生日」などの作品を作詞
また、ミュージカル女優としても活躍中
TOURSミュージカル『赤毛のアン』全国公演に出演
「さあ!うたいましょう!」と題して、歌う喜び、楽しさを全国で講演中
幼稚園・保育園の園歌の歌唱は200曲以上に上る
第22回日本童謡賞特別賞受賞
人権擁護コンサートの功績により平成28年度法務省人権擁護功労賞受賞

大石 泰 (東京藝術大学演奏藝術センター教授)

大石 泰 1951年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、日本教育テレビ(現テレビ朝日)入社。
主に「題名のない音楽会」「オリジナル・コンサート」などの音楽番組を担当。特に故黛敏郎氏が企画・司会を務めた「題名のない音楽会」には、ディレクター、プロデューサーとしてその制作に深く関わる。その後、黒柳徹子さん司会のトーク番組「徹子の部屋」のプロデューサーを務めた。
2004年4月より東京藝術大学演奏藝術センター准教授に就任。「コンサート・プロデュース論」の授業の傍ら、「藝大プロジェクト」「藝大とあそぼう」など、藝大奏楽堂で行われるさまざまなコンサートの企画・制作に当たる。また学外でも井上あずみ「親と子のはじめてのコンサート」など、多くのコンサートの構成・演出を手がける。

津金澤 好 (つがねざわ まさる)(テレビ朝日ミュージック・プロデューサー)

株式会社テレビ朝日ミュージック クリエイター開発部 プロデューサー。
所属作家のマネージメント。所属アーティスト「やなわらばー」等の原盤制作を行う。